トレードルールをダウ理論に求める!レジスタンス・サポートラインに求める! - 為替日記

トレードルールをダウ理論に求める!レジスタンス・サポートラインに求める!

  03, 2017 01:55
48


今日はこんな時間に更新です。
最近、生活リズムが無茶苦茶になってます。。w
ダメですね。。

さて、相場ですが
英中銀の「賃上げ加速なら利上げ、消費急減速なら利下げ」との
発表を受け、ポンドが下落してますね。

以前も書きましたが、基本、利上げ通貨は上昇し、
利下げ通貨は下落します。
金利動向は、確かに相場を動かす大きな要因ですが、
長期投資でなければ
それだけを根拠としてトレードするよりは、
やはりチャートに従う方が良い、私は思っています。

今回のように英中銀の発表を受け
ポンドが大きく下落したのなら
(それを材料に)、
長期足で引いたサポートラインを割ってきてるはずです。
あるいは近づいてきてるはずです。

注目すべきは、サポートラインを
割ったのか?支えられたのか?
そのラインぎわでの
動きはどうなのか?
そして、次目指すサポートラインの候補はどこなのか?

トレーダーであればこういったところがまずは
見るべきポイントだと思います。
(ダウの確認は大前提)

英中銀の発表を理由に、
その目の前の値動きに翻弄されていたのでは
長期足からラインを引いている意味がありません。

ただ、これだけ下落すれば、
単に目の前の値動きについていってもとれてしまうかもしれません。
ですが、急激にV字で戻されることも多々あり
長く続けていける方法ではないかと思います。

根拠をダウに求める、レジスタンス・サポートラインに求める。

何度も書いてますが、
FX初心者の方は特に、最初はテクニカルツールやインジではなく、
是非、まずはその視点でチャート見ることから始めて頂きたいと思っています。

関連記事
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


トレード日記ランキング

ルール 利上げ 利下げ トレード チャート レジスタンス サポート FX初心者 インジ

0 Comments

Post a comment

What's New