ロンドン時間からポンドのショートカバー!? - チャート分析

ロンドン時間からポンドのショートカバー!?

  30, 2017 20:31
148
(出典:ロイター)


本日は、さっそくアジア時間から相場が活発に動いている印象ですね。
ロンドン時間に入ってからも、ユーロやポンドの上昇、特に
ポンドドルの上昇が目立ちます。
ショートカバーが入ったのですかね。

まあ、理由はなんであれ連休明けのロンドン、ニューヨークは
やはり相場を動かしてきますね。
ギリシャの債務軽減で合意できなければ
追加融資受け入れを見送ることを検討などと、真偽のほどはわかりませんが
ここにきてまたギリシャの話題も出てますね。

ショートカバーが入ろうが、ギリシャの話題が出ようが
やはりチャートに従う方が良いかと思います。

つまり、直近高値や安値を割ったのか?
超えられないのか?
超えたらどうなのか?
上昇トレンド継続なのか?そうでないのか?

そして次に、
前後の重要なレジスタンス・サポートラインに注目します。
つまり、過去のレジスタンス・サポートラインはもちろん
重要であるけれども、やはりそれよりも重要なのはダウだということです。
直近高値や安値を切り上げるのか?
切り下げるのか?
それが相場の最新情報を知るうえで、最大の関心事である、と思います。

直前のトレンドに対して、直近高値や安値の更新は
チャート分析においてもっとも意味のある、もっとも重要なサインです。
この当たり前のことをおろそかにして、他のテクニカルツールを
いくら表示してダメだ、
とまでは言いませんが、まず見るところはそこではないと思います。

高安の更新を見ずに、いつの間にかインジやテクニカルツールばかりに
見入ってしまっているうちに、売買サインだけを追っていることに
夢中になり、結局トレンドの把握ができていない、
などということでは本末転倒ではないでしょうか。。

利益を最大化したいのであれば、
どの時間足においてもトレンドの把握は
最重要事項なはずです。

結果が出ている方は良いですが、出ていない方は
一度ローソク足だけ表示して高安を追っていく練習・検証をするだけでも
違うと思われます。。


関連記事
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


トレード日記ランキング

ロンドン時間 ポンド ショートカバー ギリシャ レジスタンス サポート テクニカル インジ 検証 チャート

0 Comments

Post a comment

What's New