ダウ理論とラインと波動とチャートパターンで分析! - 次週の相場見通し
FC2ブログ

ダウ理論とラインと波動とチャートパターンで分析!

  15, 2017 19:19
109
(出典:ロイター)


北朝鮮とシリア情勢は引き続き気になりますが。。
次週の相場見通しです。

・ドル円
先日ついに110円の重要サポートを割れ、一気に下落が加速しました。
この下落の勢いはどこまで続くでしょうか?
まず、ひとつは昨日のクローズレート付近までや108円付近まで。
もうひとつが107.50付近まで。
さらに、105.50付近までも視野に入れておいた方がよいかもしれません。

しかしながらとりあえずは107.50付近でいったんは止まる可能性が高いかな、と見てます。
ここは長期足で引けるラインもありますし、そもそも今回の下落の流れは
長期足レベルで見ると、1/3にダブルトップを付けてからの下落波動の継続です。
いったん日足レベルのレンジを挟み、一休みしてから再下落のパターンです。

以前も書きましたが、この場合
1/3の下落から2/7ぐらいまでの下落を最初の下落波動と捉え、
その等倍分の伸びを期待しても良さそうです。
それは約700pips前後ありますので、それと等倍ぐらいで
3/14からの下落の流れがくる可能性があります。
つまり、ちょうど108円付近です。

しかし、相場はいつも行き過ぎることも多いため、正確ではありませんが
ひとつの目安としてご参考までに。
仮にオーバーシュートしてもその下のサポート帯107.50付近までは
この下落波動の許容範囲かと思います。

さらにもうひとつの見方として、
途中でレンジで一休みした期間のレンジ幅は約400pips前後あります。
これもその等倍分ぐらいの下落を目安にもできます。
すなわち、やはりちょうど107.50付近ですね。

こうした見方はもちろん、絶対ではありませんが
ラインと合わせて見ることにより、目安や利確目標値として
立てやすくなり、またトレードのシナリオを複数作るうえで
参考にはなるかと思います。
チャートはあるひとつの部分だけを見るのではなく、
ダウとラインとこうしたチャートパターンの組み合わせなどで
より広い視野で見ようとする試みが
まさにチャート分析かと思っています。


ちょっと長くなったので今日はとりあえずはドル円だけでw

関連記事


ドル円 サポート 北朝鮮 シリア ダウ ライン チャートパターン チャート 波動 レンジ

0 Comments

Post a comment

What's New