ドル円は上昇か!他ドルストレート通貨は下落!? - 次週の相場見通し

ドル円は上昇か!他ドルストレート通貨は下落!?

  09, 2017 23:06
104
(出典:ロイター)


今週の相場見通しです。

ドル円は昨日書いた通りなので割愛します。

・ユーロドル
長期下降トレンドライン(2014/5/8高値と昨年大統領選で付けた11/9高値)の
延長線上で頭を押さえられ、3/28以降は下落の流れが続いています。
そして、トレンドライン(1/3安値と3/2安値)の延長線上を切ってきており、
先週はそこでクローズしてます。
4時間足以下で見ると足が確定しており、トレンドラインを切り下げた、
と見ても良いかと思いますが、戻りを待って売っていきたいと思います。

・ポンドドル
ポンドもトレンドライン(3/14安値と3/29安値)を切ってきてから、
上は高値を切り下げ(3/27高値→4/3高値→4/6高値)下降に転じてます。
そして、金曜日には1.2375付近のサポート帯も割れ、ほぼ安値引けでクローズしてます。
ポンドドルも戻りを持って売り構えたい感じです。

・豪ドルドル
目先のチャートの形ではユーロドルやポンドドルに似てますね。
こちらも下目線です。
トレンドライン(2016/12/29安値と3/9安値)を切ってきてからは
下降一色でした。
先週は重要サポートライン0.7490付近で、こちらもほぼ安値引けしてます。
ここの下抜け後の戻りを待って売っていきたい感じです。

さて、今週は
一言で言うと、ドル円以外他ドルストレート全般が下目線ですかね。
チャートも似たような感じになっています。

それはつまりは、ドル高だということですね。
先日の雇用統計の発表後付けた安値から、その後上昇に転じて付けた高値までは
約130pips前後の変動幅がありました。
その間他ドルストレート通貨は基本逆相関で動きました。

この流れが今週も続くでしょうか。
ドル円はまだわかりやすいチャートとは言えないかもしれませんが、
他ドルストレート通貨はわかりやすくなってきたのではないでしょうか?
しかしもちろんどこでも売っていれば良い、というわけではなく
ちゃんと戻りから売らなければいけませんし、そもそも戻りを待たなければいけません。

慌てて売った時に限って、安値を掴まされた!
なんてことはけっこう多いですので。。


それでは今週も落ち着いて頑張っていきましょう!

関連記事


チャート ドル円 ポンドドル ユーロドル 豪ドルドル トレンドライン ドル高 雇用統計 相場見通し ドルストレート

0 Comments

Post a comment

What's New