相場の長期的な視点と優位性!やはりあるのは確率だけ!? - 為替日記

相場の長期的な視点と優位性!やはりあるのは確率だけ!?

  27, 2017 20:48
94



本日はちょい窓開けスタートで、ドル円はさらに下げ幅を拡大してますね。
ユーロやポンドも上昇幅を拡大し、私もユーロドルの買いポジションは
微妙かと思いましたがwとりあえずよかったです。
昨日書いた1.0920付近までは、まずはいってほしいのですが。
まあ様子見ながら決済ですかね。

さて、ドル円がダラダラ下げてきてますが、
私も長期はドル高だと思っているほうではあるのですが、
仮にそうだとしても、これはなかなか時間かかりそうですね。。

今の下落が昨日書いた107.55付近のサポート帯まで来たとして、
その後反発したとしても、はっきりと上昇に転じるには
トレンドライン(1/3高値と3/10高値)を超えなければならず、
一度その付近まで上昇してきても、跳ね返され、また下値を試す展開も考えられそうです。
しかし、再度107.55付近のサポート帯で支えらえ、再度上昇に転じれば
そこがダブルボトム完成で、先ほどのトレンドラインを超えていく!という
ドル高前提のシナリオですがw、こういうチャートの形も
個人的には期待していたりしますw

いずれにしろ、ある程度長期的な目線をもってトレードしないと
最終的な方向性が見えなく、目先の値動きに翻弄されていたのでは
なかなかきついと思います。
シナリオをいくつか作ってチャートを見るというのは、
一方的なバイアスをもって相場を見るということから解放され、
多角的な視点を持つには良いと思います。

しかしながら、もちろんエントリーする時は買いか売りかで
入るわけですから目線は固定しているのですが、
そこに優位性を感じればインするだけです。
つまり、どこまでいってもあるのは優位性であり、
すなわち高確率なポイントだけなのです。

相場に絶対はないと思いながらも、実は正解を求めている方は非常に多い印象です。
最初は仕方がないのですが、絶対はないもの、
事前に正解はわからないものに対しては
やはり確率で挑むしかないのだろうと思います。

そしてそれを確かめるためにも、検証作業が必要だと私は思っています。


*ユーロドルの買い保有中。


関連記事
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


トレード日記ランキング

窓開け ユーロ ポンド バイアス トレンドライン ダブルボトム サポート 相場 優位性 確率

0 Comments

Post a comment

What's New