米雇用統計は強い内容!FRBの利上げ後押しか!? - 為替日記

米雇用統計は強い内容!FRBの利上げ後押しか!?

  11, 2017 20:12
80
(出典:ロイター)


昨夜の米雇用統計は、事前の市場予想より強い内容だったようですね。
しかし、ドル円は下落してきました。
それまでのADPなどの強い内容を受けての期待感や
材料出尽くし感から売られたそうです。

まあ、いつも書いている通りFXで勝つためだけなら
理由はなんでも良いですw正直。
それよりもチャートがどうなったか、です。
そこから下がったのであれば、レジスタンス帯があるからのはずで、
まさに昨日書いた115.60付近のレジスタンス帯に阻まれ、落ちてきて
押し目を形成するのだろう、との見方でひとまずは良いかと思います。

しかしながら厄介なのは、昨夜のこの下落が押し目なのか、それとも
ここからさらに急激に下げていく新たな下落の始まりなのか、
それはあとにならないと誰にもわからないということです。

しかしそれでも、ここは押し目になるであろうとの目論見のもと
止まるのを待って、買い増していきたいと私は思います。
(実は昨日深夜に少しドル円を買い増したのですが、
ニューヨーククローズ前にはすぐ損切られてましたwちょっと早かったようですね)

押し目になるであろうと見るのは、
なぜなら、長期足では上昇トレンド中であるし、
その最中のいったんの下落は、押し目と見るのが優位性があるからです。
相場は必ず高値を付けたあと安値を付け、
それぞれが切り上がっていく前提で見れるのが上昇トレンドだからです。
そう思えなければ、買いではエントリーできません。

裏をかいて、逆に売るのも良いかと思いますが、
しかしそれは、長期足に対しては逆張りであることを認識した上で
売っていれば良いと思います。


さて、ドル円の昨夜のこの下落が押し目となってくれるでしょうか?
まずは、114.27付近のサポート帯まででは止まってほしいところです。
それよりより良いのは、トレンドライン(2/28安値と3/8安値)付近で
サポートされるパターンです。ここは先ほどの114.27付近のサポート帯とも
ちょうどクロスする地点ですし、ここら辺での折り返しは期待したいところです。
そうなった場合のチャートの形も個人的には好きな形です。

しかしそうはならず、
仮にここを下抜けた場合ですが、まずは113.60付近まで下落余地があり、
この展開の場合は、買いポジションはどう処分しようかなーという感じです。。

どうしても昨年11月の相場をイメージしてしまい、
それに比べけっこうアップダウンがあるような感じで
なんかクロス円みたいで嫌な感触でいます。。w

週足の波動的には、昨年11月の上昇の勢いできてほしかったのですが。。
わたしとしてはw

まあどうなるかは、いつも相場はわかりませんし、
それでも、あまり難しく考えず
まずは損失をなるべく出さないこと(出しても常に少額に)
そして利を伸ばせる時は伸ばし、トータルでプラスにしていく、
その姿勢で挑むしかないのでしょうね。


*引き続きドル円の買い保有中。

関連記事
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


トレード日記ランキング

米雇用統計 雇用統計 ADP FX ニューヨーククローズ クロス円 波動 チャート レジスタンス サポート

0 Comments

Post a comment

What's New